ドイツ車と日本車はどっちが頑丈か

2016年01月17日
5
0
自動車、購入インプレ


どっちが安全かと言うと議論はややこしくなるけど頑丈という表現ならやはりドイツ車だと思う。いろんな安全基準もあるし衝突試験もあって日本車は十分なテスト結果を残しているけど、長く自動車業界にいた人間として言えるのは、日本人というのはそういう試験とか基準という仕様を満たすことには全力を尽くすけどその仕様から外れたところはダダ漏れって設計が多い。日本だとどこの自動車メーカーも同じ。きちんとスペックをミートした上で強烈なコストダウンのプレッシャーがかかっているし設計工数も余裕がない。求められた以上の強度よりコストダウンを取る。衝突試験でも仮に少し試験から外れた仕様でやったら日本車はかなり怪しいとわたしは思っていて、実際公道で起こる自動車事故は衝突試験の仕様通りにはならないから、そういう意味ではアウトバーンのような時速200キロを念頭に置いてボディ強度を設計しているドイツ車の方がやはり頑丈だとそう言っていいと思う。実際乗っていて頑丈だなと思うもんね。一度横から激しく突っ込まれたけどあれはもし日本の小型車だったらただでは済まなかったと思う。軽自動車なら死んでたかもしれない。高いボディ強度とドアに埋め込まれた補強バーとカーテンエアバッグはじめ各種安全装置のおかげで無傷で済んだ。娘は家の車を使うと思うがもし将来車を買うようならドイツ車にしろと言うつもりだ。買えないと言ったら差額は出してやる。ワーゲンならせいぜい数十万円から100万円余分に出せばいいのだ。軽なんか絶対買わせない。

ところでそんなこと言いながら、わたしは自転車とかスキーとか乗馬とかけっこう危ない趣味が多い。だがこれは車とは違って乗ること自体が危険を承知でやっているわけだから自分で安全を確保するしかない。ただ安全であれば良いというものではない。楽しんでなんぼである。今日は自転車で十条ー板橋までポタリングに出た。十条という駅は初めて行ったんだけど古い商店街が残っていてとてもにぎやか。住みたいなと思うくらいよい街だ。総菜屋でレンコンハンバーグでを買って食べたがおいしかった。元々の予定では十条か板橋に自転車を置いてそこから電車で渋谷まで気功の稽古に行くつもりだったが、のんびり走っていたら池袋まで出てしまって、そんならとそのまま自転車で渋谷まで行ってしまった。トレックじゃなくてマークローザで来たのでかなりきつい。帰りは休み休み帰る。のんびり走れば走っただけいろんなものが見えるのでけっこう楽しい。自転車はトレックに30万円かけて、マークローザは4万円だけど、乗っている頻度は圧倒的にマークローザが多い。自転車散歩にはマークローザがベストである。マークローザってブリジストンの自転車である。それを部品をはずして4キロも軽量化しているのでいい調子で走るのだ。ということで今はデニーズで一休みしている。あと15キロほどで我が家だ。のんびり帰ろう。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 5

There are no comments yet.

のんびり行こうよ  

No title

日本の中で普通に走る速度でなら、問題はないと思います。運転する方がスピード狂や常に一番先を走っていないと気がすまない人ならドイツ車であろう。ただ自分の車が丈夫で壊れないなら、その車でぶつけられた日本車に乗っている方は大怪我でどうなんだろうと思ってしまいます。

2016/01/17 (Sun) 17:27

ハルトモ  

No title

> 自説・家族社会政治さん

>日本の中で普通に走る速度でなら、問題はないと思います。
これは違うと思いますよ。事故の衝撃は凄まじいものです。エアバッグが散開するスピードご存知ですか?

>その車でぶつけられた日本車に乗っている方は大怪我でどうなんだろうと思ってしまいます。

相手が生きているか死んでいるかの差だと思います。ドイツ車だから攻撃性が高いということではないと思いますけどね。

2016/01/17 (Sun) 18:46

金田勘十郎  

No title

横から失礼します。
ドイツ車が大変丈夫だということはご指摘の通りと存じますが、電装品の細かいトラブルや、DSGのトラブルも多く伺います。
もし差し支えなければ、ドイツ車を故障なく維持していくためのコツや要領といったものをお示し願えませんでしょうか。よろしくお願い申し上げます。

2016/01/20 (Wed) 20:55

ハルトモ  

No title

壊れる時は壊れます。直らないということはないので修理代を払えば済むことか思います。

2016/01/20 (Wed) 22:10

金田勘十郎  

No title

ご教示ありがとうございます。参考にさせていただきます。

2016/01/20 (Wed) 22:21

コメント投稿