日本のジレンマ

2016年01月02日
0
0
政治経済
昨日はかみさんの姉夫婦のお宅にお呼ばれされてのんびりと新年会であった。お手製の料理もたくさん並びさらに購入したおせち。値段は聞かなかったがずいぶん立派だ。三段あったし。おせち料理にどれだけ時間とお金がかけられるかというのはたぶん豊かさの指標になるんだろうね。

家に戻ると我が家のおせちがだいぶ減っており娘が映画を見ながらパクパク食べたそうだ。別にありがたがるわけでもなく普通に食べている。彼女にとっては当たり前のお正月である。正月は豪華なおせちがあるに決まっているのだ。

夜はなにかやっているかと番組欄を見たらNHKのEテレビで日本のジレンマという討論番組をやっていたのでしばらく眺めていた。1975年以降生まれの若き日本の頭脳と称される論客たちでほとんど東大だそうだが、彼ら彼女らが日本の将来について討論する。日本人とは?とか競争と共生とか自由と資本主義とかいくつかのキーワードが提供されたのか勝手に出てきたのかよくわからないが言葉を転がすように話は進む。

2時間半ほどの番組だったが見ていて眠くなったので中ほどでテレビを消して寝た。眠くなるということはおもしろくないのだ。出てきて喋る人間は一生懸命なにか正しいことを言おうとしているというのがよく伝わってくる。ようは真面目なんである。だがあいにくおもしろくない。おもしろければ伝わる量も増えるんだろうと思うんだけどね。笑いを取るという意味でなく聞いていておもしろいと感じさせる努力が低いかできないか?たぶん人選がよくなくて真面目な人間ばかり撰びすぎたのかな? だから議論は妙に小ぶりにまとまっている。皆賢いから安易な結論出しも避ける。暴論を断定的に語る人間なんていない。

日本人と競争社会というキーワードがあって日本人は競争をよしとしないという論が勝っていた印象だった。確かに日本人は競争が嫌いで安定を求める印象はある。また日本人はとても礼儀正しく調和を重んじる人種と日本人はたぶんそう自負をしている。さてその礼儀正しい日本人がなぜ満員の通勤電車の中であれだけ必死にもがき他人をおしのけることができるのだろうか? そして電車を降りた瞬間にまた元に戻る。乗れば入る。どこかにスイッチがついてかみたいだ。電車で同じことができるのはたぶん中国人だけだ。でも見事な切り替えスイッチがついているのは日本だけじゃなかろうか?

日本人は礼節と調和を重んじるというけどどうやらそれには条件がある。日本企業の競争力はいまは凋落しかけているがかつてはエコノミックアニマルと揶揄されるくらい日本企業は欧米企業に打ち勝つためにはとことん戦い手段を選ばぬ風情もある。明治時代の欧米の列強に挑戦する日本人は、どうみても欧米諸国と調和をする気はない。つまり調和というのはある限られた世界で成立していてその限られた世界が安定していて、なおかつその組織で自分の身が安定しているなら、そこから出撃して情け容赦なく外なる世界を蹂躙することは厭わない。なぜならそうすればするほど自分の所属する組織は安定しまたその組織の中で自分も安定するからである。それが日本人(もちろんそうじゃない人もいますよ。わたしのように)。

競争社会で努力が報われるかという話もでていて、これは報われないことがあるのは当然だみたいなことを言う人がいたが、それはどう考えるかである。思うような結果が出なくても受けいれなさい。というのは誰でも言えるが、努力を楽しんでその一瞬一瞬を懸命に生きればその時点で努力は報われている、とわたしは考える。結果はもちろん出したいがそれは報われる報われないという話じゃない。努力は努力することを楽しむ。努力はつらいものだと思い込むから結果で報われたくなる。それで結果がでないと悲嘆する。だが楽しんで努力したほうが実は結果もついてくるものなのである。もちろん大多数の日本人がそうは思えないことはわたしは承知している。




かみさんがチャーシューを作ってくれたがこれは旨い。良い出来だ。このチャーシューは我が家のみで作られて我が家のみので食されて(せいぜい来客まで)決して競争にさらされることはない。競争がなくてもちゃんとまともで良いものは出来上がる世界。それはとても小さな世界でかつ外とも隔絶まではしていないが遮断機能は存在する。

日本人が歴史上もっと良い時代としばしば懐かしむのは江戸時代である。せいぜい遡っても鎌倉から戦国時代。時代劇と言えば有名どこはたいがい江戸時代だ。遠山の金さん、水戸黄門、一心太助、。この時代は鎖国である。外とは競争がなくそして内部で調和が成立していた時代。日本人にとってはもっとも美しく振る舞える状況だったと言えるんだろうと思う。まあ美しいより豊かさを取るとなれば話は違うわけで、懐かしく時代劇を見ても誰も時代劇の世界に行きたいとは思わないということだろうが。


関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿