相場師の責任

2015年12月14日
2
0
株式投資
ある相場師が胸を張って言うとしよう。「口先だけの評論家やエコノミストと違いわたしは自分の責任で相場を張っています。負けるも勝つも自分の責任です。」と。なんか立派そうに聞こえるが、これはちと考えるとわかるが明らかにおかしな理屈である。その話をする前にまず思うのは、なんか自分が上等であると言いたげな匂いがプンプンしているのが鼻につく。どんな人間でもどんな仕事でも自分が上等だと思った瞬間に堕落は始まっている、というのがわたしの経験則だからなんか怪しげだ。こういう人間は得てしてわたしは寄付をしていますとか税金をたくさん収めているから社会に貢献しているとかいう論陣を張ったりもする。これもわたしが嫌いな理屈だ。どうせ掠め取った金だ。偽善家ぶらず自分で贅沢するほうがよほど潔い。

さてなぜおかしな理屈かと言うと、「わたしは自分の責任で相場を張っています。負けるも勝つも自分の責任です。」これは何を言っているかというと別に相場師であろうがなかろうが素人だろうがとにかく株をやる人間全部の話だ。別にプロの相場師だけがそうだというわけじゃない。であれば世の中の投資家全員が評論家やエコノミストより立派だという論になるがそんなことあるわけがない。どちらかと言えば負けてる投資家のほうが責任をよく取っていて、プロの相場師は勝てるという具体的な見込みがあるだけにそれを仕事にした時点ですでにどこか胡散臭いのである。

さらに言うなら評論家やエコノミストはそういう役割のニーズがあるから存在するそれもひとつの職業で別に株取引をしていないから責任を取っていないわけでもない。彼らは彼らなりにそれで収入を得てさらに生存をかけて戦っている。ただ株取引においては鵜呑みにできんのは当たり前で、業界全体が一般投資家を搾取する構造になっているのだからその一部というだけで、そういう意味では相場師は市場で素人を食っているのに対して評論家は別の方向から素人を食い物にしているだけで、結局やっていることは似たようなもんなんである。同類項ってやつだ。だからどっちかどっちかを偉そうに馬鹿にできるはずもない。

さてこのような理屈をいままでどこかで読まれたことがありますか? 案外聞かないでしょ。わたしはいちから考えた。こうやって一から考える力が大切である。どこかで聞いたような話をまるで自分で考えついたみたいに偉そうに書きたくたい。聞いたことのあるような理屈ならわざわざ場末のプライベートブログで焼きましよろしく書く意味などないのである。そういう気概はあるのね。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 2

There are no comments yet.

ムサシ  

No title

職業として、相場師はきかないですよね、勝続けるのはすごいと思います。
今の相場が上がるか下がるか判断が出来ませんから、現金の比率を高めてあります、これくらいのことは誰でもしますが空売りを仕掛けるには相当の読みが必要です。
将棋でいえば名人と素人の差があるわけで力量の差をつくづく感じますけど。

2015/12/16 (Wed) 13:19

ハルトモ  

No title

職業と呼ぶかどうかは別として、凄い相場師がこのブログの読者にもおられますよ。無頼派で格好いいんです。上がっても下がってもとるみたいですよ。

2015/12/16 (Wed) 13:38

コメント投稿