欲しいものがない

2015年12月04日
0
0
日々の雑感ーリタイアライフ






施設の子供がマウンテンバイクを購入した。それで買ってから一週間で転倒して腕を骨折した。車と接触しそうになり急ブレーキ、ブレーキがよく効くのでロックしたのだ。施設の子供たちを見ているとやはり大人との差はその辺りにあるような気がする。予測して災いを避けるという慎重さが子供にはない。

物事を深く考える力というのはいったいいつ頃からつくのであろうか? 何か痛い思いをしたとかでそれで懲りて慎重になっていったとは自分では思えない。かと言ってやはりわたしも若い頃はずいぶん無茶をした。オートバイでも何回も転倒している。それが年齢を経るごとにそういう事故はなくなっていく。なにかが変わってはいるんだろうね。

わたしは致命的なトラブルを避けることに全力をあげるが、ある程度のトラブルは許容して楽しみながら解決していくタイプだ。なんでもかんでも怖がっていたらつまらないし、トラブルがあるのも当たり前だと思っている。だからと言って取り返しの着かないトラブルは絶対避ける。

我が家から渋谷まで平日に自転車で行くのは大変危険である。交通量はとても多く実際自転車の事故は多いのだ。だが安全に走れる場所もある。山手通りは自転車道がずっと整備されていてとても走りやすい。歩行者と分離されているし、その歩行者も少ない。山手通りであれば平日でも安全に走れる。であればだ、そこまで車で行ってそこから自転車で走れば良い。板橋をすぎたあたりで住宅地に入っていきやすい駐車場を探す。明らかにやすい。ほどなく一日800円の駐車場を発見。渋谷であれば倍以上する。経済的でもある。そこから渋谷までおよそ10キロ、ちょっと寄り道してやはり20数キロのポタリングだ。

Appleストアにまた行った。iPadproを見にいったのだ。聞いていたとおりととても大きかった。あまり触っている人間もおらず売れてないように感じた。あれを買うならMacBookを買うんじゃない? どうも最近のAppleはあかんね。ワクワクするものが作れない。

その後渋谷の先の代官山まで行った。前にも一度行ったことがあるが、朝倉家住宅という古い家が残っている。朝倉と言っても別に戦国大名とは関係ないし歴史上の人物というわけでもないし、家は大正の築だからそんな古いというわけではないが、どういうわけか国の重要文化財になっている。それでも代官山に喧噪を逃れてしばしたたずめる場所があるというのは悪いことではないなとは思う。先日の飛鳥山もそうであったが、東京は今が紅葉の時期だ。代官山のTSUTAYAにもぶらりと寄って、それで呼吸法の稽古をして、また自転車に乗る。

帰りにフォルクスワーゲンのディーラーに寄った。トゥアレグに試乗するためだ。トゥアレグはフォルクスワーゲンのトップモデルと言ってよい。だがこのクラスは高級車ひしめく。その中ではスペックも値段も控えめでスタイリングも大人しめ。そこがわたしには好ましいと思えた。で乗った感想だけど、一言で言えば大きめティグアンだ。今乗っているティグアンの出来が良いのかトゥアレグがいまいちなのか、乗っていてさほどの差を感じない。もちろん装備とかは全然違うのだがそれは車として決定的なものではない。欲しいなとは思わなかったな。

最近は欲しいなと思うものが本当にない。いろいろ見ても買いたいと思わないのだ。

関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿