タカタ

2015年11月08日
7
0
自動車、購入インプレ
私はブレーキ、トランスミッション、それからエアコンに明るくてエアバッグは詳しくない。エアバッグ用のセンサーは手がけていなかったからだが、それでも基本的な知識と業界事情は心得ているので、ちと解説してみよう。

日本の自動車メーカー各社が相次いで今後タカタのエアバッグを使わないと決めた。とまあ一口で言えばそういう報道がなされているが、この意味を理解できる投資家は少ないだろう。言い方はいろいろある。

1、今後開発する車には採用しない
2、今後発売する新型車には採用しない。
3、現在販売中の車も他社製に切り替える

3と言っているのはホンダだけ。だが歯切れが悪い。容易なことではないからだろう。1と2では1が多いが、これだと今後の開発だから3-4年かけてゆっくりと切り替わる。自動車メーカーというのはだいたい3年先の車を今開発している。来年発売のものなんてもう最終試験とか認証の問題で今から替えるなんてできない。ましてや現在販売している車まで部品を買えるなんてさてどうするんだろう?修理交換市場との整合も取らねばならない。莫大な手間と金がかかる。どの自動車メーカもやりたくない。だから今後採用しないなどと発表して消費者には納得してもらおうと考えているのだろう。早速明日から切り替わると勘違いするのは勝手だ。

さてエアバッグを採用しない、切り替えると一言で言うが、実際はそうは言っていない。具体的には一体何を採用しないのか?エアバッグというのはいろんなパーツが組み合わさっている。

1、センサー
2、インフレーター
3、バッグ本体
4、コントロールユニット

さてタカタは何をどこに供給しているか? だいたい2と3だろう。今回採用しないと決めたのは硝酸アンモニウムを使用したタカタのインフレーターである。センサーやコントロールユニットまでは替える必要はない。バッグ本体とインフレータの関係は私は詳しくないが、多分インフレータだけ替えることは可能だと思う。インフレータとバッグの値段は私は知らない。調べようと思えばだいたいわかるが、パッと見るにバッグの方が高いと思う。

タカタは今後硝酸アンモニウムを使用しないインフレータを増やすと言っているし、インフレータだけダイセルとか外から買ってくることもできる。だからインフレータを替えて依然としてタカタはエアバッグサプライヤーの一次業者としてのポジションを維持できれば、売り上げは減らないということになる。利益がどうなるかはまた別で当面外から買えば利益は下がるが長期的には内製するんだと思う。

エアバッグのインフレータのビジネスの影響がどれほど利益的に大きいか? そこはタカタの売り上げ構成も見る必要がある。仮に経営が傾くほどのインパクトがあった場合、タカタが供給しているシートベルトまで供給が止まれば自動車業界は立ち行かないから、自動車メーカ各社でシートベルトの採用を増やすとか値段を調整するとかで救済を行う可能性もある。(事実過去に行っている)

話は終わってないが、、、宿直明けてこれからお出かけだ。一旦キーボードを閉じる。(ペンを置くとは言わないね、、)
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 7

There are no comments yet.

のんびり行こうよ  

No title

大変勉強になりました、ただホンダが取りやめたと言うことは大きな売り上げ減になって行くのは必然です。ホンダへの売り上げ割合はどれくらいだか分かりませんが日本第2位自動車メーカーが撤退することでの影響は計り知れないものがあります。でも売り上げは12%増になる決算予想は懐疑的です。

2015/11/08 (Sun) 10:43

fuh*a*  

No title

最高のナイスです(≧∇≦)b
恐る恐るm(_ _)m

2015/11/08 (Sun) 11:10

ハルトモ  

No title

> 自説・家族社会政治さん
ホンダの意思決定プロセスは日産やトヨタと明らかに違いますので、そこを見ていかないと簡単に方針が出たからこうなるとは言いがたいのです。今後数年かけてタカタを切り替えていくという方針はあるにせよ、判断は車種ごとシステムごとそれぞれのプロジェクトリーダーが現場チームとして個々に判断にします。あくまでも技術優先現場優先 です。ですから今後数年でどうなっていくかは技術の中身をよく見ないとなんとも言えなません。

ちなみにホンダはタカタべったりでしたよね。インフレーターだけ外部調達してあおとはそのままタカタを流用というのはありそうな気がします。ホンダというのはそんな簡単によくしらないものを使わないのです。長年一緒に仕事をしてきたのでよくわかってます。

まあ話出せばきりはないので、、、また

2015/11/08 (Sun) 12:52

ハルトモ  

No title

ついで言うなら自動車業界の売上予測はかなり正確にできます。決算見通しなど待つ必要はありません。タカタをの製品がどの車に乗っているか調べようがあります。車の販売台数からだいたいわかります。我が社がそうしていましたので。絶対に車の台数以上には売れないのです。なぜ12%伸びたかは知りませんが、車の販売が大きくぶれない限りサプライズはありません。

2015/11/08 (Sun) 12:57

ハルトモ  

No title

> fuh*a*さん
最高ですか? こんな仕事を長年やってきました。日本だけでなく海外も含めて、業界のことは表裏知っていて当たり前です。

2015/11/08 (Sun) 13:01

くらげ犬  

No title

ルネサスエレクトロニクスの救済劇が以前あったような記憶があります。
タカタの不具合の背後では、ダイセルがシェアを拡大する様相なのでしょうか?

オリンパスや東芝みたいに、決算書内のお金問題ではなく人命が関わっている問題だけに大変な事態に感じます。

2015/11/08 (Sun) 19:40

ハルトモ  

No title

車は常に人命という問題がつきまといます。それが絵業界人の必死さのベースにありますね。

開発で常に意識される車が絶対避けねばならない3要件というのがあります。曲がらない止まらない燃えないです。走らないというのは二の次です。

2015/11/09 (Mon) 00:17

コメント投稿