儲からんくらいで泣くな

2015年10月13日
2
0
株式投資



今日は施設の13歳の子供の前で57歳のハルトモ君が熱く語ってしまった。13歳の子供の目に涙が光る。何を語ったか書くのは無粋だ。だが青春ドラマだね。13歳の子供を涙ぐませるなんて。普通の57歳のおっさんが経験できることではない。なに自分の子供でやった? だとしたらそれはそれで問題だな。涙ながらに語るような家庭は決して上手く行っているとは言い難い。

ところでどこぞとは言わないが某あらなみさんのブログで、読んでいて涙が流れましたとか感動しましたとかというコメントが並んでいて人様のブログだけど私など辟易とする。マネーゲームで金をせしめたい欲の皮の突っ張った亡者が儲からないくらいなんだって思う。普通に働けばいいだろう。

涙にもやはり質と品と格調というものがあろう。13歳の子供の苦悩と慟哭を分けてやりたいくらいだ。どうしたら株で儲けられるかよりどうしたら万引きを止められるかの方が、人間という存在の本質に切り込んでいると思う。

言い方を変えれば、亡者一人の株の損得より13歳の将来ある子供が万引きを止めて立ち直るほうがはるかに社会的意味をなすということだ。

ということで、金儲けというのは甚だ下世話で大した話でもないのであるし、ましてや落涙とは甚だ馬鹿げたことだと、そうハルトモは申し上げてておきたい。それにしても、盗みは止めて欲しいなあ。欲しけりゃ俺に相談しろよ、なんとかしてやるのに。そう言いたいところだ。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 2

There are no comments yet.

白猫次郎  

No title

ハルトモさん、おはようございます。
誠に同感でございます。ハルトモさんのお仕事は、人類の
動物性から人間性に至る「共通の社会秩序形成の指導」という意味において「社会学の実践」であると思います。難しい哲学を理解するよりも、実際の人間の為になる!その子の一生を豊かにする可能性を秘めている。
ある意味、現実宗教でもありますね。

ところで麻呂ちゃん、しなやかですねー.若い!!

2015/10/14 (Wed) 09:16

ハルトモ  

No title

わかってくれればいいんですけど、、、なんか残ればいいなって思ってます。

マロはスタイルいいですよ!

2015/10/14 (Wed) 10:13

コメント投稿