積極的な世界平和への貢献

2015年09月22日
5
0
政治経済


マロが一歳になった。どうやらこれ以上は大きくならないみたいだ。つまりオトナということなのね。マロ誕生日&成猫おめでとう、だね。

積極的に世界平和に貢献、日本国民はこの言葉の意味をどう理解されておられるのであろうか? 平和というのは抗争紛争が収まっている状態である。収まっていても必ず不満を持つものは存在するわけだが、自らこの紛争が収まっている状況を作り出したいということは、つまり自国にとって都合の良い状態を積極的に作り出すという意味である。たとえ他国が不満を持とうが自国の利益を優先する、という意味である。そのためには武力のバックグランドが必要ということになる。

アメリカの軍産複合体が強大な権力構造でアメリカ大統領の命さえ危うくするというのは知っている人間には当然の話だが、その背景には戦争というのはめちゃくちゃ儲かるビジネスであるという事実がある。なにせ武器は儲かる。その儲かる軍需産業はアメリカに独占されて、最近は中国も名乗りをあげて積極的。民間経済が手詰まりの中、日本の産業界に軍需産業がお墨付きを得れば大きな経済的インパクトが期待できる。日本が本気になれば相当のマーケットを取れる。日本の為政者がこんなことを全く考えていないわけがない。ただ言わないだけである。


関連記事

Comments 5

There are no comments yet.

白猫次郎  

No title

戦艦大和は三菱重工、ロケットは石川島、零戦は中島飛行機=富士重工と駒はそろって増すねえ.(笑)
そのうちトヨタがカラシニコフのOEMでも作りますかね?

2015/09/22 (Tue) 12:11

shikotama7  

No title

軍事産業は、幅が広いから、知らず知らずのうちにその辺の企業も加担してるんだよね。輸出ランキング上位の米、露、仏、英、独あたりの次に入ってきそうな感じ。

2015/09/22 (Tue) 16:31

ハルトモ  

No title

猫次郎さん、トヨタはOEMでなく自分で設計製造でしょう。まずはランクルベースの軍用車とか。

しこたまさん、頑張れ日本ですかね

2015/09/22 (Tue) 18:48

shikotama7  

No title

最初は、反対していても、輸出が伸びてきて景気がよくなると、忘れちゃうんだよなぁ。そんな国民性です。

2015/09/23 (Wed) 08:45

ハルトモ  

No title

1億総健忘症ですかね

コメント投稿

Trackbacks 0

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
更新順
同カテゴリ