エンゲル係数

2015年09月11日
4
0
日々の雑感ーリタイアライフ




エンゲル係数。この数字は低いほど豊かだと大昔教わった。食事はそれほどけちれないという理由。だがこれは大昔貧乏人も金持ちも似たようなものを食べていた時代の話だと思う。調べるとエンゲルさんという人は1800年代なかばの人だ。100年以上前であれば物流とか保存とかの技術がないから遠くまで物を運ぶことができない。したがい金があろうがなかろうが似たようなものしか食べられない。

一方この時代は伊勢丹の食料品売り場に行けば新鮮な日本各地の旬の食材がそれなりの値段で所狭しと並んでいる。一方ディスカウントのオーケーストアに行ってもこれは安い方でこれまた日本どころか世界各地から食材がやってくる。肉とか魚とかはちょっと離れた日本のものが高くて、そこから日本を出て海を渡ると安い。要は金を出せばなんでも手に入るしけちろうと思えばそれなりのものがやはり豊富に手に入る。

食材の価格差は広がる一方で収入が格差社会である以上支出も格差社会になっているのだろうと納得できるが、これは悪いことではなく100円寿司に代表されるように遠くから来る安い食材でも庶民がそれなりに満足感を得られるわけだから技術の進歩はむしろ庶民に多くの恩恵を与えているとも言える。

統計によると日本ではエンゲル係数はこの10年間ほとんど変わっていなくて23%ほど。そしてこの日本では地域差がほとんどない。だが東京と沖縄では収入の平均が大きく異なるのは知られた話で、これはどういうことかと言うとその地域地域でみな自分の収入に合わせて食生活は異なっていて豊かな人はそれなりの値段の旨いものを食べているし豊かでない人はそれなりの値段でそれなりの味のものを食べているということだ。

我が家はわたしが会社を辞めてそれで今の仕事になってあまりあちこち遊びに行けないのでお金はあまり使わなくなった。その一方で食費は以前と変わらないかかむしろ増加気味なのでエンゲル係数は高まっていると思うが、それで我が家が豊かでなくなって行っているかと言うとそんなことはあり得ないからもうエンゲル係数は適用できないということだろう。

以前一ヶ月の食費がどれくらいかかみさんに聞いてここで書いたことがある。知人友人に聞くと我が家はとんでもなく食費が高いようである。そんな贅沢しているつもりはないのだがまあまあ旨いと思うものを食べているとそういうことになる。伊勢丹の地下でお得という触れ込みで売られている魚をよくかみさんが買ってくる。これでは節約になっていないんだろうな。なんか消費税が上がっても食料品は減税対象になるらしい。申し訳ないが、まあますます旨いものを食えということだろう。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 4

There are no comments yet.

白猫次郎  

No title

ハルトモさん、おはようございます。
僕も昔、東京では新宿伊勢丹の地下で、金目鯛を買ったら1匹6000円とか8000円でした。(煮付けと焼き用の丸です。)
現在、地元の高級スーパー青木という所で、朝どれの金目鯛は1800円から2400円です。
同じ頻度で買うと多分エンゲル係数は下がるでしょうが、きっと今のほうが上手くて安いという事も起きます。地元消費は地産地消が可能なら下がったほうが質は上がる場合もありますね。

2015/09/11 (Fri) 11:44

ハルトモ  

No title

猫次郎さん、この金目は朝食用でそんなしませんよ。
ただ特に日本では魚については全く言われる通りですね。
エンゲル係数は質は考慮していないようです。

2015/09/11 (Fri) 12:11

shikotama7  

No title

我が家の周辺では、もらったり栽培したりするので、野菜や果物が無料。収入が少ない分、その辺でカバーしてます。沿岸で畑なんか作ってると、野菜も魚も超安価、又は、無料なのかな?(^^;

2015/09/11 (Fri) 13:35

ハルトモ  

No title

なるほど、じゃあエンゲル係数低いね。もっとも外食で上がっちゃうかな

2015/09/11 (Fri) 18:02

コメント投稿