何かがおかしくなっているかも@秋葉原

2015年07月16日
0
0
日々の雑感ーリタイアライフ
昨夜は宿直それで宿直を朝六時半に終えて帰宅。宿直明けのその日が一日休みである。その上でだ9時半にもう一度出勤して会議がある。完全にフリーになるのは昼であった。素晴らしい休日であるがこれでも職員からあまり不満がでない。その理由はわたしの邪推だが以前に書いた通りだ。

それで午後から秋葉原に出動した。本当は自転車で行く気であったが、あまりの雨で断念。確かにこの雨の中30キロ走るのは命の危険があるだろう。秋葉原に自転車で行ってそれでさんちゃんと前の会社の一級先輩のよっちゃんと久闊を叙し、要は飲むわけだがそれで自転車は秋葉原において電車で家に帰る。翌日また電車で秋葉原に来て、それでぐるっと都内をサイクリングしてそのまま家まで帰る。すばらしいアイデアだと思っていたから残念だ。秋葉原に自転車を一晩置いて大丈夫かという検討までした。それにわたしのマークローザは盗難保険も入っているから万全なのである。こういう検討もまあ無駄ではあるまい。多少頭も使う。

よっちゃんと慣れ慣れしく書いたがそれはサンちゃん同様ブログだからだ。会社の一年先輩で会うのは25年ぶりである。一緒に仕事をしたのは一年くらい。でもお互いよく覚えていて、さんちゃんによっちゃんがハルトモでも呼んで飲みましょうということになったそうだ。それで呼ばれたからほいほい出て行く。わたしは決してもったいぶらず大喜びで出て行くのがモットーだ。

ところで秋葉原では何軒も中古のスマホショップを回った。できれば中古のスマホを二つくらい買おうかと思っていた。なにに使うかはもうわざわざ書かない。だが回ってよくわかった。ここは外人が押し寄せていて別に安くしなくても彼らがバンバン買っていくのだ。さいたまの家電店とかビデオレンタル屋の片隅で売られている中古のスマホよりはるかに高い値段で平気で売られている。それで商売になっているのだから安くする理由がない。日本人なんて眼中にないという感じだ。とてもじゃないが手がでない。

わたしが家のそばで買ったLGの6インチのスマホは昨年のモデルで定価8万円が2万5千円ので一旦提示されてそれでぜんぜん売れなくてそれで16000円に値下げした。それを待ってわたしが底値で拾った。田舎の店は販売力がないからデッドストックを投げ売りするということをわたしは知っている。秋葉原ではそれは起きないだろう。バンバン入荷してどんどか売れる。わたしが買ったモデルは秋葉原では3万円近い値段だった。そういうことで秋葉原での買い物は早々に切り上げてお茶している。適当に駄文を打っておればすぐに待ち合わせ時間だ。

秋葉原はすでにアマゾンよりも高い。ちなみにアマゾンなら私が買ったスマホは25000円ほどだ。今やわざわざ足を運んで秋葉原で買い物をする理由はないと言ってよい。それで売れているからそれで良いとも言えるのだろうが、だがこれはこの日本が少々危うくなっていることを示唆する現象だと、わたしはそう感じる。あるべき姿になっていないのはどこか不自然で長続きするわけがないとわたしは思うのだ。もちろんどういう形でいつおかしくなるかなんてわからないが、そのうち何かが起きるんだろう。きっと。その時にはきっとわたしはたぶん良い方にきっと回るんだろうな。こうなってしまうとなにもかも簡単である。儲けようと思うから難しくなる。ぼけっと待っていればそのうちなにかチャンスが来るが、そのチャンスにぼけっとしていてはだめよ。

ゴルフでは飛ばさず寄せず入れずというのが極意と喝破した名人がいる。要は欲でおかしくなると。投資も同じくよくをかかねば良い。儲けず稼がず増やさず。そう思ってやっていればいいのかね。でもそうだとたぶんその通りになる。やらないほうが良いということだがこれはほとんどの人間にとっては真理だろう。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿