安倍首相の言う通りになるかな?

2014年12月26日
4
0
日々の雑感ーリタイアライフ



2014年11月18日の野村総合研究所の発表資料の一部である。
この表を見てすぐ目につくのは、日本の超富裕層はアベノミクスの好影響を明らかに実感できる資産の増加率を得ているということだ。2011年5万世帯で44兆円持っていたのが、2013年には5万4千世帯に増えて73兆円まで、超富裕層は二年で資産を倍近くに増やしている。

その下の富裕層、準富裕層となると、これは資産総額より世帯数を見た方が良いと思う(層間の移動があるだろうから)が、富裕層準富裕層とも世帯数はそれなりに増えている。ここもまあまあだろう。

その下のアッパーマス層、ここに来るとほとんどアベノミクスの恩恵は降りてきていないように見える。アッパーマス層の資産もさほど増えていないし、わたしが注目するのはマス層からアッパーマス層への移動が少ないと思われるということだ。

富裕層、準富裕層、そしてアッパーマス層の上位は移動が行われるが、マス層から上がっていくという移動がないというのは、ここに大きな壁があってその壁を乗り越えてゆとりある生活を得る人はあまりいないという意味になる。

さて、この表から将来をどう見るかであるが、グラフでないとイメージしずらいかもしれないが、表でも傾向は掴める。安倍首相の説によると、お金持ちは満腹でもう資産の増加はこのあたりで止まって、一番下のマス層の資産がこれから増えていく番である。そういう説明ということになるが、あなたはそれを真に受けるか? わたしは金持ちの資産がもっと増えて格差が拡大する傾向を示しているように見えるが、
少なくとも日本人の大半は安倍首相の言う通りになるように賭けている、という選挙結果である。

それにしても、日本には、テレビとか映画に出てくるような大金持ちなんてそんなにいないということはこの表でよくわかる。一億円以上の世帯は100万世帯あるのに5億円以上持っている世帯が5万世帯しかない。たぶん1億から2億は一番多い。庶民が夢見るような大金持ちの生活は5億円ばかりじゃなくて数十億円持っていないとできないと思うが、ピラミッドの傾きから想像すると、そういうセレブ世帯は日本でせいぜい2000世帯、いや1000世帯くらいじゃないかしら。

関連記事

Comments 4

There are no comments yet.

ベトナム  

No title

金融資産1億以上の世帯って
5,000万分の100万 = 2% しかないんですか
富裕層の資産総額は増えても この率自体は変わらんでしょうね
現在 富裕層の家庭も貧困層の家庭も そうなっている「理由」があるわけで つまりなるべくしてなっているんだから 景気がどんなに良くなってもその比率はほぼ変わらんということでしょうね 晋太郎ちゃんもわかって言ってるんでしょうけど

2014/12/26 (Fri) 10:51

トール  

No title

トールです。この区分けですが、例えNRIの人でも40歳そこそこならマス層になってしまいますね。
ということはどんな待遇の良い会社にいても40歳ならすべての人がマス層になってしまいます。(笑)

2014/12/26 (Fri) 21:17

トール  

No title

トールです。NRIの人でも40歳そこそこならマス層に入ってしまいますね。
マス層とアッパーマス層の間が開きすぎています(笑)

2014/12/26 (Fri) 21:21

ハルトモ  

No title

ベトナムさん、なかなか貧富の差は逆転するものじゃないでしょうね。それを可能にするのが相場ですよね。

トールさん
おとなしくサラリーマンだけだと仮にアッパーマス層にあがれるとしても、年齢が行ってしまうでしょうね。年齢というのはかなり大きな要素です。稼ぐなら早いほうがいい。

コメント投稿

Trackbacks 0

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
更新順
同カテゴリ